産みどき(時間)ダイヤリー@2021.7.29

産みどき(時間)ダイアリーは、下記をお読みいただいた上でご活用ください。

  • 宇宙バイオリズムを活用した出産法
  • 産みどき(時間)ダイアリーとは
  • 初めての方へ

赤色の時間は、前日もしくは翌日と連続していることを意味します。

超安産が期待できる時間帯

この時間帯に陣痛が来れば、超安産!?

北海道@小樽 ①5:00〜8:00    ②15:44〜18:44     
仙台 ①3:18〜6:18    ②16:29〜19:29  
東京@晴海 ①4:40〜7:40    ②17:37〜20:37  
横浜@新山下 ①4:47〜7:47    ②17:46〜20:46  
名古屋 ①6:01〜9:01    ②18:42〜21:42  
京都@舞鶴西港 ①3:43〜6:43    ②14:41〜17:41 
大阪 ①6:51〜9:51    ②19:46〜22:46    
神戸 ①6:46〜9:46    ②20:00〜23:00    
広島 0:00〜0:52    ②9:56〜12:56    ③22:26〜24:00  
福岡@博多船だまり 0:00〜0:57    ②9:53〜12:53    ③22:28〜24:00   
鹿児島 ①7:11〜10:11    ②19:47〜22:47  
那覇 ①7:15〜10:15    ②20:09〜23:09  

出産は避けたほうがよい時間帯

この時間に陣痛が来てもスルースルー!

北海道@小樽 ①8:00〜11:00     ②18:44〜21:44      
仙台 ①6:18〜9:18     ②19:29〜22:29   
東京@晴海 ①7:40〜10:40     ②20:37〜23:37       
横浜@新山下 ①7:47〜10:47     ②20:46〜23:46   
名古屋 0:00〜0:15     ②9:01〜12:01     ②21:42〜24:00    
京都@舞鶴西港 ①6:43〜9:43     ②17:41〜20:41
大阪 0:00〜1:13     ②9:51〜12:51     ③22:46〜24:00  
神戸 0:00〜1:28     ②9:46〜12:46     ③23:00〜24:00  
広島 ①0:52〜3:52     ②12:56〜15:56
福岡@博多船だまり ①0:57〜3:57     ②12:53〜15:53      
鹿児島 0:00〜1:16     ②10:11〜13:11     ③22:47〜24:00     
那覇 0:00〜1:36     ②10:15〜13:15     ③23:09〜24:00  

潜在意識教育

どういう時期から捕食を始めるかというと、当然、子供の発育状況によって決定するもので、幾日目とか何ヶ月目とかいうような大雑把なそれでやれば失敗します。

子供の発育が、捕食の時期に到達したということの見極めが第一で、日数でいったのでは違う。

子供の健康状態というのは首に現れる。

体力がキチンとしないと首が弱い。

いくら体が肥っていても、目方が重くとも、頭が大きくとも、首がしっかりしないうちは駄目です。

首の筋肉に力が出てこない間は発育良しという訳にはいかない。

栄養状態は足の内股で見るのですが、栄養状態が母乳だけで足りなくなってくると、内股の弾力がなくなってくる。

内股に弾力があるうちは捕食を考えないでいい。

内股に弾力が無くなってきたら捕食を考えなければならないが、首がキチンとしない間は駄目である。

木村さんの赤ちゃんに、りんごをおろして絞ったのをやるように奨めたら、絞るのは勿体無いという訳でそれごと食べさせたら、つかえてしまって大分苦しんだそうで、時期に適しないうちにそういうことをやると、そうなることがよくある。

そこで、自分の首を保つ力が出てくる、それが第一です。

それだけではまだいけない。

あるものを見る。

大体明るい方を見る。

その時に体を持って向きを変えると、体と一緒に首も向いてしまううちは、捕食の時期でない。

体を動かしたのに首だけは真っ直ぐにして、見えるものを見ている、首を変えないで見ていられる、つまり自分の首が自分で調節できるというようになれば首がしっかりしたと言える。

その時から捕食を始める。

子供の発育状態で、一ヶ月ということもあれば、二ヶ月三ヶ月という子供もある。

野口晴哉著『育児の本』より抜粋