産みどき(時間)ダイヤリー@2021.7.13

赤色の時間は、前日もしくは翌日と連続していることを意味します。

安産が期待できる時間帯

この時間帯に陣痛が来れば、安産!?

北海道@小樽 ①4:26〜7:26    ②13:30〜16:30   
仙台 ①1:42〜4:42    ②15:56〜18:56  
東京@晴海 ①3:09〜6:09    ②16:50〜19:50 
横浜@新山下 ①3:06〜6:06    ②16:59〜19:59 
名古屋 ①4:27〜7:27    ②17:44〜20:44   
京都@舞鶴西港 ①2:41〜5:41    ②12:39〜15:39 
大阪 ①5:23〜8:23    ②18:58〜21:58  
神戸 ①5:19〜8:19    ②19:01〜22:01 
広島 ①8:32〜11:32    ②21:25〜24:00  
福岡@博多船だまり ①8:23〜11:23      ②21:22〜24:00  
鹿児島 ①5:48〜8:48    ②18:46〜21:46 
那覇 ①5:40〜8:40    ②18:59〜21:59   

出産は避けたほうがよい時間帯

この時間に陣痛が来てもスルースルー!

北海道@小樽 ①7:26〜10:26     ②16:30〜19:30     
仙台 ①4:42〜7:42     ②18:56〜21:56  
東京@晴海 ①6:09〜9:09     ②19:50〜22:50    
横浜@新山下 ①6:06〜9:06       ②19:59〜22:59
名古屋 ①7:27〜10:27     ②20:44〜23:44 
京都@舞鶴西港 ①5:41〜8:41     ②15:39〜18:39
大阪 0:00〜0:17     ②8:23〜11:23    ③21:58〜24:00
神戸 0:00〜0:19     ②8:19〜11:19    ③22:01〜24:00
広島 0:00〜2:49    ②11:32〜14:32
福岡@博多船だまり 0:00〜2:48    ②11:23〜14:23     
鹿児島 0:00〜0:11    ②8:48〜11:48    ③21:46〜24:00   
那覇 0:00〜0:24    ②8:40〜11:01    ②21:59〜24:00   

潜在意識教育

私は潜在意識教育法として、最初の入浴温度を下げる、その他いっさい泣かすもの、警戒するものをまず取り除く、子供自身が自分で警戒できるようになるまで警戒しないで暮らせるということが、他人を信頼し周りを信頼する所以だと思う。

警戒しなけらばならないような環境に育った子供達は絶えず周りの人を警戒する。

人を見たらまず疑ってみる。

まず逃げ出すことを考える。

大人になってもそいういう人は、どこか人を信じていない。

その時期に潜在意識の中に入った心の方向を保っている。

ですからそういう意味で赤ちゃんの潜在意識教育というのは大事ですし、そのための変化とか速度とか勢いとかいうものには関心を払わなくてはならない。

そういう入浴法をさせようと思って、低い温度を選んでいるわけです。(入浴法については7/12の記事参照)

ところが、入浴温度だけではない。

入れる人が慌てて引き出したというような場合、この速度が赤ちゃんにあわなかったならば、いかにお湯の温度の変化がゆっくりでも意味をなさない。

また赤ちゃんが泣くと慌てて駆けて来て揺すぶる。

まずその足音で足音でビックリしてしまう。

その速度にのまれてしまう。

親は駆け出して行っても自分が行きさえすればいいと思っているけれども、そうではない。

そういう考えでは、いくら入浴方法を会得しても、温度変化だけしか考えていない。

潜在意識教育という面から考えれば、湯に入れる速度でも拭き方でも、その生活全体がみんな赤ちゃんの速度にあうということから考えなくては意味がないのです。

野口晴哉著『育児の本』より抜粋