産みどき(時間)ダイヤリー@2021.7.7

赤色の時間は、前日もしくは翌日と連続していることを意味します。

安産が期待できる時間帯

この時間帯に陣痛が来れば、安産!?

本日は、徐々に陰から陽へと移る日です。

下記時間帯のうち午後の方がより楽に出産できる可能性が高いと思われます。

北海道@小樽 ①9:51〜12:51   
仙台 0:00〜0:45     ②12:25〜15:25     ②22:29〜24:00 
東京@晴海 0:00〜2:16     ②13:24〜16:24 
横浜@新山下 0:00〜2:18     ②13:26〜16:26 
名古屋 ①0:39〜3:39    ②14:10〜17:10   
京都@舞鶴西港 0:00〜2:36    ②8:22〜11:22 
大阪 0:00〜1:03   ②2:20〜4:27   ③15:23〜18:23   ④23:06〜24:00
神戸 ①1:06〜4:06    ②15:27〜18:27 
広島 ①4:42〜7:42    ②17:43〜20:43  
福岡@博多船だまり ①4:42〜7:42      ②17:46〜20:46  
鹿児島 ①2:02〜5:02    ②15:17〜18:17 
那覇 ①1:54〜4:54    ②15:25〜18:25   

出産は避けたほうがよい時間帯

この時間に陣痛が来てもスルースルー!

北海道@小樽 ①12:51〜15:51     
仙台 ①0:45〜3:45     ②15:25〜18:25  
東京@晴海 ①2:16〜5:16     ②16:24〜19:24    
横浜@新山下 ①2:18〜5:18       ②16:26〜19:26
名古屋 ①3:39〜6:39     ②17:10〜20:10 
京都@舞鶴西港 ①2:36〜5:36     ②11:22〜14:22
大阪 ①1:03〜2:20     ②4:27〜7:27    ③18:23〜21:23 
神戸 ①4:06〜7:06    ②18:27〜21:27
広島 ①7:42〜10:42    ②20:43〜23:43
福岡@博多船だまり ①7:42〜10:42    ②20:46〜23:46  
鹿児島 ①5:02〜8:02    ②18:17〜21:17   
那覇 ①4:54〜7:54    ②18:25〜21:25   

潜在意識教育

赤ちゃん自体の一番の要求の根本に、注意されたい、保護されたい、つまり依存の要求と言いますかそう言う要求があるのです。

赤ちゃんは保護されなければ育たないように出来ているのです。

だからいつでも赤ちゃんに注意が集まっていることが要求されるのです。

赤ちゃんの不安は一人にされることです。

だからお乳を飲んだ後に親が傍にいるという証拠があれば、栄養の吸収がとてもいいのです。

だからお乳を飲んだ後、何分か母親の心臓の鼓動が体に伝わっているという感じ、誰でも右のお乳を先にやって、それから左の乳をやって、そのまましばらく親が一緒に寝ていてやれば、みんな栄養の吸収が良い。

こういうことが赤ちゃんの発育の違いを来すのですね。

親が分娩の後でくたびれて寝たくなるというのは、子供のためにも、自然の健康法だろうと思うのです。

育てる必要があってそうなっている。

だから親の傍に寝かせておくだけで、子供の発育の度合いは、子供を一人寝台に寝かせている場合よりずっと良い。

その点心臓の音というのは、かなり心理療法的な効果があるのだと思います。

ですから左側に抱いて寝かせるということが良い方法であります。

野口晴哉著『育児の本』より抜粋