産みどき(時間)ダイヤリー@2021.6.1

赤色の時間は、前日もしくは翌日と連続していることを意味します。

超安産が期待できる時間帯

この時間帯に陣痛が来れば、超安産!?

北海道@小樽 ①7:21〜10:21   ②14:16〜17:16
仙台 ①3:21〜6:21    ②18:43〜21:43
東京@晴海 ①4:49〜7:49    ②19:46〜22:46
横浜@新山下 ①4:45〜7:45    ②19:51〜22:51
名古屋 ①6:25〜9:25    ②20:41〜23:41
京都@舞鶴西港 ①7:28〜10:28   ②15:01〜18:01
大阪 ①(5/31)22:31〜1:31   ②23:40〜24:00
神戸 ①(5/31)22:45〜1:45   ②23:43〜24:00
広島 ①(5/31)22:57〜1:57      ②10:38〜13:38  ③23:54〜24:00
福岡@博多船だまり ①(5/31)23:25〜2:25   ②10:40〜13:40
鹿児島 ①7:49〜10:49   ②22:06〜24:00
那覇 ①(5/31)21:07〜00:07   ②7:56〜10:56    ③22:13〜24:00

出産は避けたほうがよい時間帯

この時間に陣痛が来てもスルースルー!

北海道@小樽 ①10:21〜13:21   ②17:16〜20:16
仙台 ①6:21〜9:21   ②21:43〜24:00
東京@晴海 ①(5/31)21:46〜00:46  ②7:49〜10:49   ②22:46〜24:00
横浜@新山下 ①(5/31)21:55〜0:55  ②7:45〜10:45  ③22:51〜24:00
名古屋 ①(5/31)22:40〜1:40  ②9:25〜12:25   ③23:41〜24:00
京都@舞鶴西港 ①10:28〜13:28  ②18:01〜21:01
大阪 ①1:31〜4:31   ②9:50〜12:50
神戸 ①1:45〜4:45   ②9:41〜12:41
広島 ①1:57〜4:57   ②13:38〜16:38
福岡@博多船だまり ①2:25〜5:25   ②13:40〜16:40
鹿児島 ①(5/31)23:39〜2:39  ②10:49〜13:49
那覇 ①0:07〜3:07   ②10:56〜13:56 

潜在意識教育

教育ということは受胎した時から始めるものであります。

生まれてからでは遅いのです。

教育を意識に限定してしまえば、生まれてからでなくては行えない。

しかし意識以前、すなわち潜在意識教育を行なおうとするならば、受胎と同時に始めるのが本来であります。

潜在意識教育とはどういうことか、それは意識でない心を豊かにするということであります。

同じ生まれたての赤ちゃんでも、泣くとうるさがられたり、又よく面倒をみられたりすることがあります。

赤ちゃんの持って生まれた人格とか徳というものがそうさせるのでありましょう。

大勢の中でもすぐ目立つ子と、黙っているとその存在を忘れられてしまう子がおります。

それを生まれつきの素質だとして自由にならぬものと多くの人は思い込んでおりますが、こういう意識以前の心を豊かに育てることが潜在意識教育なのであります。

それゆえ、教育は受胎と同時に始めるべきだと思うのです。

人を愛する心も、潜在意識教育の中に育ってこそその人のものとなるのであって、いくら理屈で教えても、それだけでは育たないのであります。

人間は生まれてからでは、その倍育つのに半年以上かかります。

しかし胎内では九カ月のうちに数千倍になるのですから、心の育つことも大幅に行われることがあっても不思議ではありません。

体そのものを丈夫にすることも、体内にあるうちにその基盤ができるのであって、生まれてからの食事や運動の工夫だけでは不十分なのであります。

野口晴哉著『誕生前後の生活』より抜粋