産みどき(時間)ダイヤリー@2021.10.27

産みどき(時間)ダイアリーは、下記をお読みいただいた上でご活用ください。

  • 宇宙バイオリズムを活用した出産法
  • 産みどき(時間)ダイアリーとは
  • 初めての方へ

赤色の時間は、日がまたがっていることを意味します。

超安産が期待できる時間帯

この時間帯に陣痛が来れば、超安産!?

北海道@小樽 ①2:02〜5:02  
仙台 ①5:18〜8:18    ②14:42〜17:42 
東京@晴海 ①6:03〜9:03    ②16:08〜19:08      
横浜@新山下 ①6:13〜9:13    ②15:55〜18:55        
名古屋 ①6:54〜9:54    ②17:03〜20:03  
京都@舞鶴西港 ①1:07〜4:07         
大阪 ①15:42〜18:42       
神戸 ①15:43〜18:43    
広島 21:04〜0:04    ②10:34〜13:45    ②21:39〜24:39 
福岡@博多船だまり ①10:39〜13:39    ②21:23〜24:23   
鹿児島 ①7:56〜10:56    ②19:12〜22:12    
那覇 ①8:17〜11:17    ②19:01〜22:01 

出産は避けたほうがよい時間帯

この時間に陣痛が来てもスルースルー!

北海道@小樽 ①5:02〜8:02   
仙台 ①8:18〜11:18    ②17:42〜20:42    
東京@晴海 ①9:03〜12:03    ②19:08〜22:08       
横浜@新山下 ①9:13〜12:13    ②18:55〜21:55    
名古屋 ①9:54〜12:54    ②20:03〜23:03 
京都@舞鶴西港 ①4:07〜7:07            
大阪 ①18:42〜21:42   
神戸 ①18:43〜21:43     
広島 ①0:04〜3:04    ②13:45〜16:45       
福岡@博多船だまり 23:54〜2:54    ②13:39〜16:39         
鹿児島 21:37〜0:37    ②10:56〜13:56    ③22:12〜25:12    
那覇 21:24〜0:24    ②11:17〜14:17    ③22:01〜25:01    

潜在意識教育

私は昔、治療することを覚えてから分娩を手伝うようになり、分娩を手伝うようになってから、手伝うということの意味がはっきり解ってきました。

そして今度は「病気を治すことも同じことだ。自分の努力で治すのではない。相手の体の働きを手伝うのだ」と言うようになってから、今までと違ったやり方ができて、そしてそのほうがみんな丈夫になってきて、いつの間にか今日のように治療まで捨ててしまい、体力の呼び起こし、或いは〝一人一人が自分で自分の力を発揮する方法〟を教えるということに変わってきてしまったのです。

分娩の手伝いをやったことが非常に大きな理由でした。

これだけは力づくで花を咲かせると行っても花は咲かないのです。

ところが今はそれを咲かせるためにお腹を切ってしまいますが、そんなことをやったら、今に皆お腹に傷のある女ばかりになってしまう。

男としては憂鬱です。

だからみんな自然の体を傷つけないで保ことを養生として暮らせるようにしていく技術を提供しようと思うのです。

野口晴哉著『誕生前後の生活』より抜粋