産みどき(時間)ダイヤリー@2021.9.6

産みどき(時間)ダイアリーは、下記をお読みいただいた上でご活用ください。

  • 宇宙バイオリズムを活用した出産法
  • 産みどき(時間)ダイアリーとは
  • 初めての方へ

赤色の時間は、日がまたがっていることを意味します。

超安産が期待できる時間帯

この時間帯に陣痛が来れば、超安産!?

北海道@小樽 ①1:12〜4:12    ②11:11〜14:11  
仙台 23:36〜2:36    ②13:12〜16:12       
東京@晴海 ①1:04〜4:04    ②14:18〜17:18  
横浜@新山下 ①1:05〜4:05    ②14:28〜17:28  
名古屋 ①2:15〜5:15    ②15:12〜18:12   
京都@舞鶴西港 23:44〜2:44    ②10:11〜13:11       
大阪 ①3:03〜6:03    ②16:09〜19:09      
神戸 ①3:02〜6:02    ②16:10〜19:10  
広島 ①6:08〜9:08    ②18:48〜21:48   
福岡@博多船だまり ①6:07〜9:07    ②18:48〜21:48   
鹿児島 ①3:29〜6:29    ②16:14〜19:14   
那覇 ①3:22〜6:22    ②16:19〜19:19  

出産は避けたほうがよい時間帯

この時間に陣痛が来てもスルースルー!

北海道@小樽 ①4:12〜4:12    ②14:11〜17:11  
仙台 ①2:36〜5:36    ②16:12〜19:12 
東京@晴海 ①4:04〜7:04    ②17:18〜20:18        
横浜@新山下 ①4:05〜7:05    ②17:28〜20:28  
名古屋 ①5:15〜8:15    ②18:12〜21:12    
京都@舞鶴西港 ①2:44〜5:44    ②13:11〜16:11     
大阪 ①6:03〜9:03    ②19:09〜22:09   
神戸 ①6:02〜9:02    ②19:10〜22:10    
広島 21:15〜0:15   ②9:08〜12:08    ③21:48〜24:48
福岡@博多船だまり 21:19〜0:19   ②9:07〜12:07    ③21:48〜24:48          
鹿児島 ①5:50〜8:50    ②18:45〜21:45        
那覇 ①6:22〜9:22    ②19:19〜22:19

潜在意識教育

赤ちゃんの入浴法は、特定の中毒現象の場合を除いて、大抵は湯の温度を急に上げる方法をとる。

湯の温度を上げている間、赤ちゃんを持ち上げていると体は冷えますから、冷えることによって同じ温度でも熱く感ずる。

それを更に熱い湯に入れるのであるから、五分差でも一度以上の差が出てきます。

この方法は入った瞬間に皮膚を刺激する温度の相違によって、体全部の筋緊張に影響する作用を使うのであるから、入れてからの温度より、入れる時の瞬間で決まるのです。

ただ、中へ入れてから温度変化の刺激によって異常緊張を起こしたものが弛んでくるまで待たないと、効果がはっきりしない。

一時の緊張が暫くして弛んでくる。

その弛む直前に出して、出した後が引き緊ってくるような時機を選ぶのが共通した入れ方であります。

普通は五分〜八分差。

栄養過剰の状態によって二度差。

栄養が非常に停滞して食欲がなくなったとか、食物がうまくこなれないとか、大便がすっぱくなったとか、便の色が黒くなったとかいう時は、二度差を使う。

上手に入れればいっぺんでそれがなくなります。

野口晴哉著『育児の本』より抜粋